唾液の交換で感染するヘルペスと皮膚病性リンパ節症

ヘルペスの症状には様々なものがあり、皮膚病性リンパ節症などが挙げられます。具体的には、皮膚病性リンパ節症に特徴的なものとして、皮膚の赤い発疹や、リンパ節への腫れがあらわれる症状です。
性行為を通じて感染するヘルペスでは、この皮膚病性リンパ節症が明確になることが多く、性器の先端部分に病変をもたらし、下半身のリンパ節などが腫れて痛みを伴う事があります。その結果、この菌の体内での増殖により、発熱なども伴う事がある為に、身体の異常が感じられた場合には、早急に医療機関を受診する事が必要です。
感染した方がこれら視覚的に判別しやすい水ぶくれなどの症状を発症しているときは、ウイルスへの感染が濃厚なために、他者への感染を阻止する手段を講じる事が可能です。しかし、ヘルペスの菌は唾液にも含まれていることが多く、感染を自覚していない方の場合は、接吻などの行為を通じて唾液の交換を行うことで、他者への感染を助長してしまう可能性もあります。
そのため、ヘルペスの症状を把握しておき、些細な兆候も見逃さない事が重要で、ヘルペスの菌の保有者との唾液による接触を回避する事が重要とされます。
そして、この感染症の兆候として知られているものには、臀部に発疹が出来るケースなどがありますが、この患部の接触が感染経路となり、ヘルペスの症状が出てしまうケースも見受けられます。これはトイレの共有で感染する可能性がある要素で、家庭内だけではなく、職場や学校、公共の場のトイレなどにも注意が必要とされる要素です。ヘルペスという病気は、感染した症状が身体的に明確なケースだけではなく、視覚的に確認が困難な場合は他人に感染させてしまうこともあるので、この病気の症状を把握しておく事が大切です。



トップページへ