ヘルペスの再発と治療結果

ヘルペスは皮膚に水ぶくれができる症状が特徴的な、ウイルスによる感染症です。性器ヘルペスが有名ですが、子供が感染する水ぼうそうや、口の周りにできる水ぶくれも、ヘルペスウイルスが原因になっています。
性器ヘルペスはGHとも呼ばれ、一度感染すると神経節に住み続ける結果になります。済み続けるということは、GHになると、完治できない状態になりますが、病院で治療をきちんと受ければ再発しにくい身体になり、また、早く治療を開始することで、回復スピードを速める結果にもなります。
GHの感染ルートは、主に性行為です。性器が触れることで感染しますが、口唇ヘルペスを持っている人が性器に触れることでも、GHに感染する結果に繋がります。GHは感染したからといって、全ての人に症状が出るとは限りません。症状が出ても4日から10日ほどの潜伏期間の後に発症しますので、多くの人が感染に気付かず、その間に他人にウイルスをうつしてしまう可能性があります。
症状が出ると水ぶくれがあらわれ、ヒリヒリしたり、痒くなる、熱っぽくなる、痛みがあります。特に女性は排尿時の痛みが強くなりますので、症状を和らげるためにも早めに病院へ行きましょう。
千葉県内でGHの治療を受けられる病院として、千葉駅周辺に多くの病院があります。千葉県千葉市中央区にある大野皮フ科クリニック、千葉県千葉市美浜区の千葉ポートメディカルクリニックなどは、女性医師がいる病院ですので、GHに悩む女性が通いやすい病院といえます。
再発抑制療法の相談に応じてくれる病院だと、高橋ウイメンズクリニックや登戸クリニックといった産婦人科が、千葉県内には存在します。再発抑制療法とは再発しやすい人が薬を飲み続けて防ぐ、世界的に認められた方法になります。



トップページへ