アレルギー性紫斑病症状の内容とヘルペス治療について

現代社会では、アレルギーによるさまざまな内容の症状に悩んでいる人が少なくありません。
その一つに、アレルギー性紫斑病があります。
これは、食べものや薬剤、虫刺されや細菌などがアレルゲンとなって、関節や手足に流れる血管がもろくなり、時によっては、血管から血液が漏れてしまうほどのトラブルをもたらすこともあるアレルギー疾患です。
アレルギー性紫斑病症状は、5~15歳くらいの子供に起こりやすく、患者の約半数を占めていると見られています。
また、大人になってアレルギー性紫斑病症状が出てきた場合は、子供以上に、完治までの期間が長くかかることも報告されています。
アレルギー性紫斑病症状の一番の特徴は、出血斑です。
足関節周囲を中心に、両側に症状が現れることが多いです。
まれに、上肢や顔面などにも出てくることがあります。
最初は蕁麻疹のような発疹が出て、軽いかゆみを覚える程度です。
それがだんだんと紫色の出血斑になっていくのです。
また、アレルギー性紫斑病症状の一つに、関節症状があります。
ほぼ3人に2人に関節症状が現れてきます。
ただ、関節の部位としては、足関節と手関節に限られています。
股関節や肩関節などが痛むことはありません。
そして、半分ぐらいの患者が腹部症状に悩んでいます。
その内容は、強い痛みで、中には、嘔吐を伴うこともあるほどです。
子供に多い感染症として、ヘルペスを忘れてはなりません。
ヘルペスの代表的なものとして、ヘルペス性歯肉口内炎、水ぼうそうなどがあります。
ヘルペスは、内容にかかわらず、非常に感染しやすいので、広がらないように早期の治療が必要です。
最も効果的な治療法は、抗ヘルペスウイルス剤の内服です。
できるだけ発症の初期に内服治療を始めることが大切です。



トップページへ